×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

   MAP
top リッピングについて リッピングソフト ライティングソフト コピーガード・プロテクト リージョンコード ディスク・メディア/ドライブ・ハードなど エラーと対策

リッピング天国TOP > メディア/ハード > DVDメディア/DVDドライブの確認  
     

DVDメディア/DVDドライブの確認



DVDの種類と特徴/容量



DVDメディアの種類/規格          


DVD-ROM(DVD-Audio/DVD-Video)、DVDのDVD-RAM、DVD-R、DVD-RW、DVD+R、DVD+RWなど


DVD-ROM:
DVDデータの読み込みのみの再生専用の光ディスクメディア

DVD-Audio:主に音楽DVDディスク。DVDに音声(音楽)を記録するための共通規格

今までの音楽CDに比べ記録容量が約7倍以上のDVDを活用し、5.1チャンネルサラウンドによる記録や、超高音質での音楽収録やより長い収録時間が可能となった。また、DVD-Videoとは違いリージョンコードなどの設定はなく、メディアやドライブは全世界共通である。

DVD-Video:DVDに映像を記録するための技術、共通規格。
映画などの映像や動画など、主に映像圧縮規格MPEG-2を採用したもの
ちなみにVideo-CDは映像をMPEG-1方式で圧縮して記録する方式

ディスクの種類

記録容量

書き込み可能回数

特徴

DVD-ROM 4.7G(1層)/8.5GB(片面2層)
 /9.4GB(両面1層)
書き込み不可能 DVD-Audio、DVD-Videoなど
DVD-R 4.7G(1層) 1回のみ書き込み可能 現在のDVDメディアの中では価格が安く流通量も多い
DVD-RW 4.7G(1層) 約1000回書き換え可能 DVD-RW Ver1.1よりDVDプレイヤーでも再生可能なDVDビデオフォーマット記録に対応
DVD+R 4.7G(1層) 1回のみ書き込み可能 DVD-R同様、価格が安く人気がある
DVD+RW 4.7G(1層) 約1000回書き換え可能 複数の企業により制定された独自規格
DVD-RAM 【Version1.0】  
TYPE1:5.2GB(両面)
TYPE1:2.6GB(片面)
TYPE2:2.6GB(片面)
カートリッジ取り出し可能

カートリッジ無し:2.6GB(TYPE2)

【Version2.0】
TYPE1:9.4GB(両面)
TYPE1:4.7GB(片面)
TYPE2:4.7GB(片面)
TYPE4:9.4GB(両面)
カートリッジ取り出し可能

カートリッジ無し:4.7GB (片面)
カートリッジ無し:9.4GB(TYPE4)

約10万回書き換え可能 互換性はいまひとつ。8cmディスクと12cmディスクとがあり、現在主流は12cmディスクのものが一般的。カートリッジ式とむき出しのDVD-RAMディスクとがある。バージョン1.0とバージョン2.0が存在する。また、バージョン2.0のTYPE4などはカートリッジからディスクを取り出しむき出しのDVD-RAMディスク(両面)としても使用できる
DVD-R DL 8.5G(片面2層) 1回のみ書き込み可能 DVDフォーラムの2層式追記型DVD規格
DVD+R DL 8.5G(片面2層) 1回のみ書き込み可能 DVD+Rの片面2層書き込みに対応する新規格





ドライブの確認


 今付いているDVDドライブの特徴を再度確認する

 まずDVDに対応しているか、DVD書き込みには対応しているか

 CD-R焼けるし、DVD読めるから書き込みも出来ると思い込んでいませんか?

 意外と、DVDは読み込み専用だったって人多いです。要確認!

 まずはロゴマークをチェックしてみて下さい


■DVDドライブの各種対応ロゴマーク表

ブルーレイ(Blu-ray)
格安ドライブ


LG電子 BH14NS48 BL BLK(バルク ブルーレイドライブ)


ライティングソフト同梱【LDR-PMG8U3LSV】Windows8対応 ポータブル USB 3.0 外付型DVDユニット
CD-ROM ロゴマークCD-ROM の読み込み、CD-R と CD-RW の読み込み/書き込みが可能

DVD-R/RW ロゴマークDVD の読み込み、DVD-R と DVD-RW の読み込み/書き込みが可能

DVD-RAM/R ロゴマークDVD の読み込み、DVD-R と DVD-RAM の読み込み/書き込みが可能

DVD+R/+RW ロゴマークDVD の読み込み、DVD+R と DVD+RW の読み込み/書き込みが可能
DVD-ROM ロゴマークDVD の読み込みが可能

DVD+R ロゴマークDVD の読み込み、DVD+R の読み込み/書き込みが可能

DVD MULTI ロゴマークDVD の読み込み、DVD-R、DVD-RW、DVD-RAM の読み込み/書き込みが可能

DVD+R DLロゴマークDVD の読み込み、DVD+R と DVD+R DL(片面2層)の読み込み/書き込みが可能

バッファロー BRXL-16U3 BDXL対応 USB3.0用 外付けブルーレイドライブ


USBケーブルフラット収納機構採用・ポータブルサイズで軽量化
USB3.0対応外付けBDドライブ


DVD書き込み可能容量について      




DVD書き込みメディアの表示容量に惑わされないで


4.7GBであって4.7GBでない


一般的に市販されているDVD-R、DVD-RW、DVD+R、DVD+RWなどの書き込み対応のDVDメディア
たとえば、片面1層のDVDメディアであればパッケージなどには4.7GBと表示されていますが実は4.7GBは保存できないのです。

では、なぜ4.7GBは保存できないのか?


各DVDメディアの表記:1Kbyte=1000byte / 1Gbyte=1000Mbyte
PC上でのデータ表記 :1Kbyte=1024byte / 1Gbyte=1024Mbyte


通常、各社メディアの1kバイト(Kbyte)表記には1000バイト(byte)単位の計算表記であり
一方、PC上では1kバイト(Kbyte)は 1024バイト(byte)単位の計算表記である為容量に差が出てしまう・・



PC上での計算

 4,700,000,000byte ÷1,024÷1,024÷1,024=4.3772・・Gbyte



以上の結果から実際の最大書き込み容量は約4.37GBであり、4.7GBでは容量オーバーで書き込みできないのです。

注意点:
最大書き込み可能容量約4.37GBギリギリでの書き込みはエラーとなりやすい為、これらの1層DVDメディアへの書き込みであれば、4.3GB以下で行う事をお勧めします。尚、書き込み可能容量の限界については メディアの品質やライティングソフト(書き込みソフト)の相性や性能によっても異なります。